財運アップだってできる玄関の風水

財運アップだってできる玄関の風水

こんにちは。風水鑑定士の田村です。
今日は玄関の風水についてお話ししたいと思います。玄関は氣が入りこむ大切な場所ですので場を整え、神聖な場所にしておく必要があります。是非今日の内容を参考にして風水調整を試してみて下さい。

玄関の位置について

まず玄関の位置ですが、家が道路に面していれば基本的には道路側に玄関があることが望ましいです。家相では周りの環境を見ずに東の玄関が良いとされておりますが、例えば東に玄関を配置して、ドアを開けた瞬間隣の家の錆びた壁だったらどうでしょうか?毎朝出かける時に錆びた壁を見て、圧迫感を無意識に感じてしまい、脳科学的に言えば前頭葉を圧迫していまいます。前頭葉が活性化されなければ、判断を誤り、仕事の成績も上がらず、人生において色々な判断ミスを犯すことになります。我々が考える風水では玄関は原則として道路から見える必要があります。道路から玄関が見えない家は栄えません。それは氣は玄関から入ってくるためです。もし玄関が道路から見えず奥の方にあると、氣の流れが奥まで入り込まず、家の中に良い氣が流れ込みません。玄関ドアを開けた瞬間、開放感のある開けた景色が広がり、住人が希望を持てるような環境でなければなりません。人の思考は最初に見たものに影響されるといいますので、玄関を開けて最初に飛び込んでくるものが良い景色である必要があります。

玄関に鏡は風水の鉄則

玄関に鏡があると、お出かけ前の身だしなみチェックができて便利ですが、風水での鏡は場の活性化や悪い氣の反射に使用します。玄関の場合は氣の活性化にしようするため、玄関に入って左右どちらかに設置します。ちなみに入って真正面につけてはいけません。良い氣も悪い氣も全て跳ね返していまいます。左右どちらに設置するか迷うのであれば、家主の凶方位に外側に向く方向(悪い氣を跳ね返す)で設置するのが良いでしょう。(凶方位を調べる場合は鑑定が必要です)また鏡の形は八角形が望ましく、大きさは大きければ大きいほど良いです。

玄関の設計

これから家を建てるのであれば是非参考にしてもらえればと思います。まず玄関は広くて、まるでリビングのように安らげる空間にしておくと良いです。建坪の関係上玄関の大きさに限りがある場合もあるかもしれませんが、他の空間を犠牲にて玄関を広くする場合もあるくらい、玄関は重要な場所なのです。玄関タイルの色は暖色(オレンジ系、ベージュ系)を選択し、目地は大きな物を選びます。大抵タイルは水平垂直に配置しますが、斜め45°傾けることにより、氣の流れが活性化します。

entrance_feng_shui_tile_image

玄関で靴を脱ぎ一段上がる所は、直線ではなく、曲線にすることによって、家に入った瞬間の印象を柔らかくすることができます。玄関問わず家の中はなるべく角を避け、曲線を多く取り入れると氣の流れが壁に沿って良く動きます。そして見た目の印象を柔らかくして、住む人の心も柔らかくしてくれます。壁紙の色は、家庭の目的によって異なるため一概に言えませんが、一般的な白は避けたいところです。玄関問わず白は氣を散らしてしまい、感情に良い働きを起こしません。玄関の壁紙の色で適切なのは淡い黄色やベーシュなどは希望が湧いてくる色なのでオススメです。

玄関の氣を活性化させるには

基本的に24時間玄関の照明はつけっぱなし。(電氣代は氣にしない)照明はLEDの電球色(温かみがある暖色)を選んで下さい。筆者である風水鑑定士の家も常に玄関の電氣はつけっぱなしです。
照明で氣を活性化させることができるためです。さらに電氣をつけっぱなしにすれば、人氣が感じられ防犯にもつながります。

entrance_feng_shui_shoes_image

玄関のニオイに注意、玄関に入った瞬間に下駄箱から悪臭がする場合は氣をつけて下さい。悪臭とは悪いエネルギーであり、邪氣が寄ってきます。邪氣が集まれば悪いことしか起こりません。特に住人は自宅のニオイに慣れてしまい、悪臭が出ていたとしても感じなくなってしまいます。実は嗅覚で感じられなくてもご自身の脳は常にダメージを受け続けております。家運にもよくありませんし健康にもよくありません。定期的に下駄箱を整理し清潔に保ちましょう。そして玄関に脱ぎっぱなしの靴があればちゃんとシューズボックスにしまっておきましょう。

玄関の氣を活性化させるために、アロマやを使う方法もあります。玄関に良い香りを漂わせて氣を活性化させましょう。

玄関の外には一対の麒麟またはゴールドクレスト

玄関の外には一対の麒麟の置物またはゴールドクレストを置くと良いです。一対というのがキーポイントです。玄関問わずどんな部屋も左右対称に物を配置することにより場が整います。風水では室内に広葉樹の観葉植物を置き、針葉樹を室内には使用しません。針葉樹は先端が尖っているため氣を乱し、人間の感情までトゲトゲさせ、人間関係を悪くしてしまいます。 もちろん玄関の内側に広葉樹の観葉植物を置くこはとても良いことです。観葉植物を置く場所としては、「死氣」方位(鑑定によってお調べできます)に置くと死氣が財氣に変わり財運アップにつながります。

室内に置くオススメの観葉植物はパキラです。お近くのホームセンターにも必ず売っています。筆者の好みとしては紅孔雀も葉の色が鮮やかでお氣に入りです。本ブログの先頭写真、鏡の前の観葉植物が紅孔雀です。
広葉樹を選ぶことも重要ですが、葉が落ちない枯れない、垂れ下がらない、青々としていることも重要なポイントですので覚えておくと良いでしょう。

ビニール傘は貧乏波動を出す

玄関に傘立てがある家も多いかと思いますが、傘立てはあまり望ましくありません。可能であれば無いほうが良いです。特に会社では晴れた日に傘立てに使われないビニール傘が何本も刺さっていることが多々見受けられますが、このような会社はあまり繁栄しません。これはビニール傘(安価なもの)が貧乏波動を出すためです。チープなものを見ると無意識的にチープなものに意識が向き、結果お金持ちにはなれません。いつも視覚には豪華なもの高級なものを入れておくことで、財運アップ脳が形成されていくのです。

玄関に黄色い花を置く

entrance_feng_shui_yellow_flower

玄関に黄色い生花を置くと良いでしょう。造花でも構いません。但しドライフラワーはNGです。ドライフラワーは花のミイラであるため、良い氣を発しません。活きが良いことがポイントですので生花が望ましいのです。
黄色は基本的に希望が湧く色です。落ち込んだ時にこそ黄色い生花見て希望を持ち、心身ともに元氣になってください。

まとめ

極論を言えば、玄関はとにかく居心地が良い場所でなければなりません。風水鑑定士は玄関に入った瞬間、その場の情報を読み取り、家主の性格や好み、考え方などを読み取ることができるくらい、玄関には様々な環境情報が詰まっています。
五感で感じて居心地が良い。その場所にずっと居たくなるような空間を作り、玄関の氣を活性化することにより家運隆盛に向かうことでしょう。
今回ご紹介したことはあくまでも一般的な住宅のお話でしたが、それ以外にも玄関には様々な風水調整のポイントがありますので、氣になる方は是非弊社の出張風水鑑定をご利用下さい。その家独自の風水鑑定と調整をさせて頂きます。

メニューを閉じる